治療が終わったら、これで改善されたから終わり、もう歯医者に行かない、と思う方が多いのではないでしょうか? 治療が終わっても、虫歯や歯周病をその後再発させないために大事なのがお口のメインテナンス「予防」です。
定期的な検診で、健康で清潔なお口を目指しましょう!!

当院の検診メニュー

・PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

ご自身では取りきれない歯垢(プラーク)や着色(茶渋、タバコのやに)を歯科衛生士が専用の機械を使って除去し歯面をきれいにする方法です。歯の表面がツルツルして気持ちいいばかりではなく、プラークに含まれる雑菌を落とすことで、虫歯や歯周病の予防効果があります。

・フッ素塗布

フッ素は歯のエナメル質と結びついて歯を丈夫にし、抵抗力のある歯質をつくると言われています。定期的に歯に直接塗ることで、虫歯を予防する効果があります。

・問診、説明、歯科指導、次の検診の時期について、などのお話

担当の歯科衛生士からブラッシング(歯みがき)の仕方や間食などについて指導します。歯科医師が診察し、必要に応じてレントゲンを撮り確認したりします。

 

プロフェッショナルケア
お口の健康を維持するために、定期的・継続的な検診が大切だと考えています。
特にお子様の乳歯や六才臼歯の虫歯の進行は思ったより早いものです。4~6ヶ月に一度を目安に検診をおすすめしております。

セルフケア
もちろんPMTC・フッ素塗布だけでなく、次のことも大事です!
・甘いおやつやジュースを取り過ぎない
・だらだら食いを減らす
・毎日の歯みがき 
・規則正しい生活習慣を守る

このように、プロフェッショナルケア(ご自身では行きとどかない部分を歯科医院で行うPMTCなどのケア)とセルフケア(ご自身で毎日行う歯みがきなどのケア)が、お口の健康維持には欠かせません! 歯を守るため、そして素敵な笑顔のために、私たちと一緒に取り組みましょう!!

 

乳歯が生え変わる10才頃までは仕上げみがきをしてあげたいですね。
お子様の乳歯や六才臼歯は虫歯の進行が早いですから。
痛みが出てから来院したのでは、お子様の虫歯はかなり進んでおります。そして来院してすぐに治療を行うと「歯医者さんは怖くて嫌な所」と思ってしまいます。
定期的に検診で来院しているお子様は、「歯医者さんは歯をきれいにピカピカにして、フッ素を塗る所」と思っており、「怖い所」とは思っていないです。
食事やおやつ、歯みがきのことについてお話したり、歯への関心をもってもらったり、そして何よりお子様が歯医者嫌いにならないためにも、定期的な検診を大切にしたいですね。

 

・シーラント(小児の予防処置)

シーラントは虫歯ができやすい奥歯の溝をシール(歯科用の樹脂)でふさいで、虫歯を予防する処置です。生えたばかりの六才臼歯には、特に複雑な溝があるため有効です。つめたあとに、はがれたりする場合もありますので、定期的にチェックが必要です。


6才頃、口の中の一番奥に生えてくる大きな永久歯のことです。
歯の大きさも、ものをかむ力も最も強い歯で、生涯を通じて一番大切な歯となります。